クリエイトホーム 唐津っこごとブログ

唐津で新築・リフォーム等承る工務店 クリエイトホームのブログ

2021リフォーム大賞
2021リフォーム大賞

2021年 リフォーム大賞の結果と考察

| 0件のコメント

同飲料商品の350mlと500mlが同額な事に納得できない今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、プロのリフォーム営業マンやプランナーが選ぶ住宅設備建材ランキング「リフォーム大賞2021」の結果が発表されております。

全国の営業マン約300人が、売り手の立場から機能性やデザイン性、コストパフォーマンス、施工性等を考慮しておススメしたい商品を投票する当コンクールは、毎年恒例のイベントとなっております。

 

 

今回は、キッチン・ユニットバス・トイレの3部門の結果を中心に書いていきます。

まずはキッチンランキング

 

価格帯別で見ていくと、

高価格帯

3位 TOTO ザ・クラッソ

2位 クリナップ CENTRO

1位 LIXIL リシェルSI

 

中級価格帯

3位 タカラスタンダード トレーシア

2位 LIXIL アレスタ

1位 クリナップ STEDIA

 

普及価格帯

3位 トクラス Bb

2位 LIXIL シエラ

1位 クリナップ ラクエラ

 

そして、総合ランキングは…

3位 クリナップ STEDIA

2位 LIXIL リシェルSI

1位 クリナップ ラクエラ

 

という結果になりました。

総合1位は、3年連続でラクエラ(クリナップ)です!!!

クリナップのラクエラは2021キッチン総合1位

デザインやカラーが豊富で、コストパフォーマンスが高いことが主な特徴となっております。

2位のリシェルSIは、前回の5位から大きくジャンプアップ!

機能性やデザイン性で高い評価を得ております。

3位にもクリナップの商品がランクインしており、やはりキッチンに強いクリナップを改めて印象付けた結果でした。

 

 

続きましては、ユニットバスランキング!!

 

高価格帯

3位 タカラスタンダード プラデンシリア

2位 LIXIL スパージュ

1位 TOTO シンラ

 

中級価格帯

3位 タカラスタンダード レラージュ

2位 LIXIL アライズ

1位 TOTO サザナ

 

普及価格帯

3位 ハウステック フェリテ

2位 トクラス エブリィ

1位 タカラスタンダード ミーナ

 

各価格帯とも、1・2位の商品が3位と大差をつけた結果となっております。

 

そして、総合ランキングは…

3位 TOTO シンラ

2位 タカラスタンダード ミーナ

1位 TOTO サザナ

 

総合は、サザナ(TOTO)の4連覇となりました!!!!

TOTOのサザナは2021ユニットバス総合1位

デザイン、機能性、施工性、コストパフォーマンスのテーマ別各部門ランキングでも1位を独占という圧倒的な結果に。

やわらかく、乾きやすく、掃除が楽な「ほっカラリ床」が特に好評のポイントです。

2位のミーナは、断熱性や耐震性といったタカラスタンダードの長所とコストパフォーマンスが活きて、前回4位からジャンプアップ!

3位に入ったTOTOのシンラは、腰楽湯や肩楽湯といった「バスタイムを楽しむ癒し機能」が人気要素です。

 

 

最後にトイレランキングです!!!

 

高価格帯

3位 パナソニック アラーウーノL150

2位 LIXIL サティス

1位 TOTO ネオレスト

 

中級価格帯

3位 LIXIL リフォレ

2位 パナソニック アラウーノS141

1位 TOTO GG・GG-800

 

普及価格帯

3位 パナソニック アラウーノV

2位 LIXIL アメージュZ

1位 TOTO ピュアレストEX

 

そして、総合ランキングは…

3位 LIXIL アメージュZ

2位 TOTO ピュアレストEX

1位 TOTO ネオレスト

 

総合1位のネオレスト(TOTO)は、機能性・デザイン・施工性・コストパフォーマンス各部門でずべて1位を獲得!

TOTOのネオレストが2021トイレ1位

見た目のスタイリッシュな雰囲気と今の時代に求められている「除菌機能」の使いさすさなどが相まってぶっちぎりの1位でした!

2位もTOTOのピュアレストEX。

1位のネオレストとの違いは、タンクの存在と低価格といったポイント。

ちなみに4位もTOTOの商品でした。やはりTOTOのトイレは優秀です!

3位のアメージュZ(LIXIL)は、コストパフォーマンスに定評がある逸品です。

 

 

ということで、2021年のリフォーム大賞 キッチン、バス、トイレのランキングをざっと書いてきましたがいかがだったでしょうか。

やはり、TOTOはトイレのイメージが強めだとは思いますが、ユニットバス部門でも大活躍です!

保温性や機能性は各メーカーそれぞれに甲乙つけがたい特徴がありますが、快適性というポイントをユーザー目線でコスパ良く実現できている点がTOTOの強さかと思います。

 

さて、2022年はどんな結果になるのか…

また当ブログでもお伝えしていく予定です!

 

 

 

唐津で新築・リフォーム・リノベーション クリエイトホーム

投稿者: Yasuhiro Murayama

唐津で新築やリフォーム・リノベーションの設計、施工などを承る工務店「クリエイトホーム株式会社」です。 「役に立つ情報をより多く・より楽しく」を心がけブログを書いております。

コメントを残す

必須欄は * がついています