バリアフリーリフォーム

高齢の方は、ちょっとした段差にもつまずきやすく、ケガの重症化が起きやすい状況にあります。
手すりの設置や、段差の解消等を施し、バリアフリー環境を整えることが、快適に暮らすうえでとても重要となってまいります。
また、車いすの方には、スロープの整備などが利便性向上への大きなポイントとなります。バリアフリーリフォーム

高齢化対策という意味では、年を重ねるにつれて物忘れも多くなりますので、安全性の高いタイプのガスコンロや、IHクッキングヒーターへの取換え等も有効な対策の一つです。

バリアフリーリフォームに関してご不明な点など、お気軽にお問合せくださいませ。
→ TEL:0955-74-3055
→ リフォームのお問合せメール

バリアフリーリフォームの各種

床などの段差解消

足腰が弱くなると、わずかな段差でもつまずくことがあります。
数センチの段差が、ケガにつながったり、生活のストレスにもなりますので、「段差をなくすバリアフリーリフォーム」で安全・快適性を高めましょう。

「段差をなくすバリアフリーリフォーム」の基本は、主に「スロープの設置」や「床のかさ上げ」「式台(踏み台)を設置」の方法があります。
前後の形状や材質により様々なリフォーム方法がありますので、現場を見て最適な方法をご提案させていただきます。

手すりの設置

階段や廊下を歩く時に、身体を支える「手すり」があると便利で安心です。
階段や廊下の他にも、玄関やトイレ・浴室などにも設置しておくとさらに利便性が向上いたします。

手すり設置の際には、壁の下地工事をして「丈夫な手すり」にすることや、手すりの「高さ」や「形」を使う方に合わせることもポイントですので、ぜひプロの知恵をご活用くださいませ。

滑りにくい床

「滑りにくい床材」への変更も、バリアフリーリフォームの大きなポイントです。
室内の転倒で怪我や骨折された事例が沢山ありますので、状況に合った「滑りにくい床材」の使用が、安全性の大きな向上につながります。
特に、洗面所やトイレ・玄関回りなどの水を使用する場所は、滑りにくい床材にリフォームしておくと安心です。

例:

  • 玄関回り→ノンスリップタイルなどを使用。
  • 階段→滑りにくい材料を使用し、ヘリには滑り止めを取り付ける。
  • 廊下→滑りにくい床材を使用。
  • 浴室→ノンスリップ加工の床材使用。
  • トイレ→お掃除しやすいタイプのノンスリップ加工の床材。

扉のバリアフリーリフォーム

扉の開閉は、高齢者にとってはかなりの負担です。
移動の円滑化や利便性向上のために、扉の取換えをご検討ください。
開閉しやすい扉にし、扉下に段差のない空間が理想的です。
扉は、主に「引き戸」「開き戸」「中折れ戸」の3種類があります。
バリアフリーとしては引き戸の採用が多く、中折れ戸は浴室や車いす用トイレで使われることが一般的です。
それぞれのドアに特徴がありますので、使う人に合わせて選ぶことが大切です。

廊下の拡張

車椅子での移動や、手すりの設置スペース等のためには、充分な廊下の幅を確保することが大切になります。

 

このような各種バリアフリー工事も承っておりますので、お気軽にご相談、お問い合わせくださいませ。

唐津でのバリアフリーリフォームならクリエイトリフォーム&リノベーションへ
→ TEL:0955-74-3055
→ リフォームのお問合せメール