唐津市のM様 対面型キッチンリフォーム

唐津市のM様 対面型キッチンリフォーム

唐津市のM様邸で、対面キッチンへのリフォームを行いました。

対面キッチンには、「I型」や「Ⅱ(セパレート)型」、「L型」、「アイランド型」「ペニンシュラ型」の各種類があります。
いずれも同じ対面キッチンですが、それぞれに特徴があります。
詳しくは、キッチンリフォームをご覧くださいませ。

その中でも、今回のM様邸では、「ペニンシュラ型」の対面型キッチンリフォームをさせていただきました。

唐津市のM様対面型キッチンリフォーム

ペニンシュラとは、「半島」という意味で、アイランド型は完全に壁から独立していますが、ペニンシュラ型は、キッチンの左右いずれかが壁に付いたタイプです。

近年の一般的な住宅でよく採用されるこのキッチンの特徴は、対面している家族や来客と会話しやすく、ペット等の様子も見えやすいという点です。
コンロを壁側に設けることで、部屋に水や油が拡散されにくいというメリットもあります。

唐津市でキッチンリフォーム

M様邸キッチンの特徴としては、腰壁を多少高くし、ダイニング、リビング側から手元を隠せる形状となっております。

オープンキッチンのように開放的なタイプでは、キッチンの上をいつもキレイにしておかないと、汚れや散らかっている様子が目立ちやすいというデメリットがあります。
そのデメリットをまさにカバーするように設置した高い腰壁は、キッチン空間と使う人への配慮とも言えます。

向かい側にカウンターを設置し、より家族や来客とのコミュニケーションが取りやすい空間となりました。

唐津でのキッチンリフォームならクリエイトホームへ
→ TEL:0955-74-3055
→ リフォームのお問合せフォーム